住宅ローンなんて貸せないということは

工事受注者にも大いに役立ち

結露しない、暖かい家をつくりたいそろそろ家でも建てようか、と山中さん夫婦が土地探しを始めたのは、賃貸マンションが手狭に感じるようになってきたころでした。そのころ山中さん夫婦は、いい家を建てたいと思いつつも、具体的にどうしたらいいのかわからない状態だったと言います。当時は、家づくりに関する知識はゼロでした。そんなときに、子ども机を購入した家具店から届いた案内の中に「いい家塾」のチラシがあり、るのなら、ちょっと勉強しようよ」とご主人を誘ったのが、「いい家塾」との出会いです。それを見た奥様が、「家を建て山中さん夫婦は最初、それほど木の家にこだわっていたわけではありません。

住宅関連企業に勤めていた弟さんに、大手ハウスメーカーの家なら安心じゃないか、と言われていたこともあり、住宅展示場のモデルハウスに足を運んで、そこで家を選ぼうと思ったこともあったそうです。しかし、何度かモデルハウスを見ているうちに「大量生産の家は、規格が決まっている部分が多く、自由度が少ない」と感じるようになったと言います。また、そのころ、奥様が悩まされていたのが、マンションの窓辺を濡らす結露です。冬の朝は、窓の結露を拭いて回ることから始まったとおっしゃるほど、結露はひどかったそうです。でも、家づくりを学ぶにつれ、自分たちだけでなく、多くの人が同じように結露に悩んでいること、そして、木を使った断熱性の高い住まいなら、結露を防ぐことができることを知りました。

と読んでいただくうちに


間取りには必ず問題点と改善案がある

「問題点」大きすぎる!はい、最も気になった点は、LDKで帖+和室の帖に板の間+吹抜け+二階の多目的ホールと全ての空間が合わさっている…はい、広32.54.5すぎます。「汗」問題点·空間が広すぎるここまで広い空間をつくってしまうと、恐らくです。が、全館空調+気密·断熱性能をかなり良くする必要があるように思います。それが予算に入っているか?解りませんでしたが、全館空調「200万円ぐらい?」+気密·断熱性能のUP「150万円ぐらい」を見る事が出来るか?も考えてもらう必要がありそうだな。という感覚です。

間取りも決めて提出し

問題点2:細かい所その他、分などは、所々気になる点は、間取り図を見て頂ければと思います。が、改善出来るのではないか?という感覚です。例えば、和室の北側のホールや、階段上の廊下部「BEFORE」問題点のコメント↓「改善アドバイス」改善のアドバイスは、この方に対しても変えています。「笑」先ずは簡単に削れる所を削りつつ、特に1階と2階のLDKの提案で、和室を区切るような案を考えてみました。和室は外でつながる感覚でどうかな?壁が出来る事で、家具配置のレイアウトも上手くいきそうです。よ「BEFORE→AFTER」↓*こんな感じで改善案を書いてみました。


マンションのほうが

施工であっても

広いカウンターなので、ついものを出しっぱなしにしがちです。が、すべてのものの収納位置を決めます。そうすることで、簡単に片付ける事ができます。写真3写真4「写真4」「写真3」油などの調味料はまとめて手前に置きましたので調理の時に便利になりました。とても出しやすくしまいやすくなりました。

地盤に鋼管杭を打ち込んでいく工事や


家の外壁の劣化の度合いで

フライパンや鍋は使うものだけゆとりを持って入れています。ので、きちんと片付いています。が、どこに目がいきます。桃がガラスボールに入っています。が、それもあまり印象に残りません。片付いています。が、モデルルームキッチンにはなっていません。このキッチンを少し変えてシンクの中ボールや後ろの食器棚に目がいきます。みます。

  • 耐震というものが考慮されていないとその時すでに警告をしており
  • マンションが建てられるのは第二種のほうであるまた
  • 施工を十分に行っていなかったためで