母親というのが特別ではなくなっている様子です。

高校時代をこれから過ごすのですか?

それは、子どもの心ただし、その違いを、ことばで子どもがこう違うよなどと、説明してくれるのであれば、だれにも分かりやすいのに、そうではないので、見過ごしてしまう大人は、平気で見過ごしてしまいます。
いや、大人が見過ごすというよりも、子ども自身が、しっかりと、自分がそういう見分けをしているのだということを、気づいてはいないのですからねえ。意識していない。無意識のうちに、自覚しないでやってしまうことですからね
うん、上手よ。ヒロコ、その調子でやればいいのだからね。しっかりお片付けなったわねぇ。やっぱり、あのお人形のドレッサー、買ってあげようかな?
できるように「ええ?買って買って。お片付けもっともっと、ちゃんとやるようにするから」

ほんとうかな?!
ほんとうほんと?
ほんとにほんと
そうかな?
子どもだけではありません。

子供では親のペットでも愛玩物でよくないのです。

ミコちゃんやチコちゃん人形の名、喜んじゃうよ。わーいわい

買ってあげる代りに、するよ、するする
毎日、ママがいわなくとも、お片付けは自分でするのよ
と、そうはいっておいても、買ってやるべきものを買ってやって、子どもは大いに喜んで、二、三日は、ほんとにいわれずとも、遊んだあとは、しっかり片付けたのに、四日、五日目は、もう元通り、出したものが部屋にいっぱいで、散らかしっぱなし。
ヒロコ。だめじゃないの。
ないわねえ

お片付けは、ちゃんとするって、あれだけ約束したのに、ちっともし「だって、ミコちゃんと、チコちゃんが、イモウトがほしいっていってるよ」

なにぃってんのよ。お人形は、もう二つでいいの。もう買わない!
だったら、お部屋のお片付けはしないからね

 

母親に反抗するわけです。


育てるここまで思い

「ちょっとヒロコ、なにぃってんのよ。ドレッサーを買ってあげる代りに、お片付けするって、ヒロコ、ちゃんと、そう約束したのよ」

だって、お人形買ってくれないもそうじゃないって、いうのに
だって、買って。ミコとチコの妹がいるのよ。どうしても

だったら、ほんとに、今度こそ、お片付けを続けるっていうの?

するする、絶対する。ゼッタイなんだか、変な成り行きですね。それを、変だと分からせようとする難しさ。
子ども同士自由な遊びを展開してわれを忘れて夢中

子ども部屋を与えることが多くなっています。ほめる、ということ、と、なにか良いことをするとほうびをあげる、ということとは、同じではありません。
ほうびとなると、なんだか、このような、事のもつれが起こりがちです。
というのは、悪いことをしたら罰を、良いことをしたら賞を、ないやり方だと、私には思われてなりません。
幼い子どもに対して、してはなら
善悪の判断の強制よりも、快と不快の共感をこそ
賞と罰、つまり、ごほうびと、おしおきは、なぜ必要がないか、と、私が思っているのかというと、罰がこわくて、悪いことをしないとか、賞がほしくて良いことをしたいとかいうことでは、んとうの良い悪いの感覚は育たないからです。
子どもにして
子どもにして

母性に対する考え方

学校でも帰ってほご飯を食べたあと、流しに、お茶碗などを、タツオは、せっせと運びました。

あら、いわないうちに、運んでくれたの?

だったら、代りになに?ごほうびはそうね。じゃあ、クッキーを三枚、にしようか

じゃ、今すぐ食べていいんでしょ
だめ、ご飯のあとはだめよ。一時間してからにしなさいだって
だってじゃないのよ。我慢することを覚えなくてはソンしちゃった。
チェッ

なんだか、子どものうちから、親と子で、あれがだめなら、代りにこれ、といったやりとり、つまり、かけひきばかりを展開していては、良い悪いではなくて、損か得かの感覚だけが身についてしまうことになりそうです。
善悪と、損得とは、別の感覚だということを、の豊かさ貧しさに、ひびいてきますねうまく分からせないと、あとあとで、子どもの心だから、ほめるということに、ごほうび、つまり、景品をつけてはならないのですよ。
子どもだけではありません。

小学校という公立

ところで、一般に、たとえば、大学は理科系を出て、先端の技術にたずさわるエンジニアであるという父親のなかにも、子どもに、善悪の判断をつける際は、いわゆる倫理とか道徳とかという、人の道に関することだから、とにかく理屈抜きに、これは良いこれは悪いと、判断を示してやって、
それに従わすべきだと考えている人が意外と多いものです。
ほうびでつる、というのも、いうのも問題だと思いますね。
問題だし、かといって、文句なしに、叩き込んで身につけさせるとしごとの方の工学技術などに関しては、実に合理的で、科学的な考えを展開することのできる人が、いわゆる人の道とかのことについては、超合理というか逆に没合理というか、問答無用ととらえるのは、なんだかナンセンスです。

成長に合わせて増えていきます。