育てた人の書いたもののほう

父親の弱いところに悲劇が起こっている。

それはどんなことを指すのかを、具体的にいえば、たとえば、道を歩いていて、「わッ、このガーベフ、きれい。白いのもきれいツ。赤いのも、わー、たくさんね」

あの雲、なにかに似てる。えぇっと、えぇっと。そう。うん。そうだ。ウフ。四国のおじいちゃんちのマリよ、ね、マリ。
玄関の脇で、うずくまって、こっち見て3とか。
あるいは、食卓に坐ってミヨ。うまくできちゃったみたい。スープ。うーん、これは上出来。コーンの香り!

この青色のカップ。私、大好き。明るくって海の色だよ。いつもこれで、紅茶、飲みたいなどと、子どもの前で感覚表現をすることに慣れること。たとえば、そんなことですね子どもをほめることが苦手という人は、まず、自分の気持を表現するということをあまりしない。
子どもに依存性を養います。

体験することができる。

そういうのは、あまりやらないし、やりたくもないし、やる必要なんかないと思っていた、という人が多いようです。
耐えていたものが、思わず暴発する、同じく、で、叱る方は、やってしまえるのですねという形気持の表現ではあるものの、知らず知らず、成り行きまかせで、うっかりすると、それはたびたび度を越してしまいますね。
叱るというよりも、怒る。嘆く。わめく。ののしる。なじる。皮肉る。蔑視する。愚痴る。
やり慣れてしまうと、こういうものは、平気で、度を過ごしますねいわないでおこうと思っても、気がついたら、すでにいっぱい口からでてしまっている、なんてことが多いですね自分のそのときどきの、いろいろな感覚を、表現する。特に、積極的に、自分が肯定したいところ、前向きだという感じのこと、開いていくように見えるもの、明るさへ向いているもの、などを、感じたときに、子どものいるところで、感じたままに、具体的なことばで表現するその習慣を、自分で身につけようと、日頃から、自己を培うくせが、大事だと思います。

 

母はたっぷり寝ていられるのなん


子供を大きくすることではなくその心

あの大木。

ほら、えるのかな。
に見える。
「うーん。
あの楠の大きな木。
ツヨシ。
なにかに見えるんだよね。
やっぱりそうだ。
ね、うーん、なにに見うんうん。
そうだ。
熊がわーっと立ち上がったところああ、大きい熊。ほら。ね」
ほんとーツ。すごい。
うん、熊だ。
手を上げて3
そう。両脇に、大きな両手!
大きい手!
あの楠二百年も三百年も生きてるのよ、きっと

ふーん。すごいね。おじいちゃんより長生き?
そう。おじいちゃん、六十五。
育てってこんなに大変なものだとは思わなかった。

母親は必要ない。あのクスノキは三百年
ふーん
分かっても分からないでも、つまり、知識としては理解できないでも、か向うの大きな木に、尊敬の念を抱いていることが分かる。
ただお母さんが、なんだだから、一度立って、ポイーンと小石を蹴ってから、母さんがまだそこにしゃがんで、をあこがれの目で眺めているので、も一度、ツヨシも、その横にしゃがんでふーん
楠の老木そんなことをしてたら、待ってるバスが、来てくれちゃいますね。
と感じあって、懸命に待たなくても、ひら暮す。
感じあうことを、ひとつひとつ確かめあおうとしだしたら、時間がいくらあっても足りないくらいと、そんな毎日であれば、庭の草花のひとつをほめそやした次に、ツヨシくんの、いサクラ草の上にかかってた柿の枯れ葉を、そっと取ってやってたのを
子どもがせっせと砂のお城をつくった。
子どもがせっせと砂のお城をつくった。

体験することはいつまでたってもないでしょう。

子供が本を読んでいる間「あれで、さっき小さあっ、明るくなったーって、サクラ草、ほっとしてるよ」
なんて、ちょっと確認しておいてやれますねほめるっていうのは、そんな感じの、さりげなく深い肯定のひとことでいいわけです。
たいそうなほめ方は、いらないのですね。
ごほうびつきでほめることがほめるということと、おだてるということの区別のできない人がいます
さりげなくほめてやりなさいよというとああ、おだてときゃいいんですねなんて。
子ども同士自由な遊びを展開してわれを忘れて夢中

勉強が高度になる高学年

ちょっと違うのです。
おだてるのは、率直な感情表現ではないのですね。子どものことは、とにかくうわべでごまかしゆがみを生むて、小手先であしらっていたらいいと思うのは、えのように思われます。
子どもというものをあまりに知らない浅はかな考子どもは、動物的な感受力を、大人よりは生き生きとしっかり持っています。
頭の知識に照らしあわせて、物事をとらえるというのでは、大人に及ばないものの、心の奥深くいわば生理的な直覚力で、自分の心にかかわりがあるかないかを選び分けるというようなことはずっと子どもの方が、端的にしっかりやってしまいます。
口先でおだてているのか、心から深く認めるという気持でほめているのか、のなかへの染み方が、まるで違うのです。

学校九十一歳が第二次