子どもだけではありません。

子供の違い

善悪の判断は、多少単絡化していえば、自分と他人との快·不快にかかわることだ、という説明を、常々、至って合理的に、子どもに分かる具体性で、感じとらせてやるべきことだと思うのです。
たとえば、他人のものを盗るのがなぜ悪いか、といえば、盗った側は、労せずしてそのとったものを自分が活用できるので、その分、至ってであるのに、盗られた側がすこぶる不快であるのは、盗った側にとっても、充分想像できる。自分がであることが、同時に、他人にとって確実に不快であると知るとき、自分のは、もうひとつ純なにならないものであって、の裏に、重い影がどうしても残る。の裏に不快がある。
自分のが、同時に他人の
より本当のなのであるのに。
でもあるというときの
は、裏も表も
であり、つまり、こういうことです。
成長の度合い

子供たちとも遊んではいけない

自分が不快で、他人も不快なら、これはまさに不快です。
自分がでも、他人が不快なら、これもやっぱり結局は不快です。
自分が不快なら、他人がでも、これは不快に決まっています。
だから、自分がで、他人もで、これこそ心ゆくまでなのである、と。
こう、教えてやるのは、至って合理的な説明になると思います。
だからこそ、ひとのものを盗る、ということが、結局自分自身にとっても不快この上ないことなので、しない方がだ、と教えるわけです。罰は、いらないのです。
前へ前へと確実に育っていく子、と認める
それと同じで、良いことをほめる、というのも、快·不快でとらえればよいと思います。
よくうちの子は、なんにもほめることがないというお母さんがいますが、それは、なにか特別良いと思うことだけが、ほめるべきことなのだと考えてしまうからですね。
快·不快のとらえ方でいって、自分にとってなことが、他人にとってもだ、というようなことは、日常茶飯に、いくらでもありますね。それを、ひとつひとつだと、互いに確認する。それが、つまりほめるということだと考えておれば、平生の暮しのなかでほめることは、いっぱいです。

 

子どもが明日にのぞん


両親は点数がよければニコニコするでしょう。

「わーツ。おかわり?そう!よかった。カヨコの食べっぷりすごいもの。きょうはうまく料理できたみたい。認めてくれたわけだ、私の料理の腕前を。カヨコの味覚が。ありがとう」
これ、子どもをほめているのですよね。母親が、自分の作った料理を子どもの味覚が認めてくれた。つまり、子どもが親をほめてくれた、という思い。それが、うれしくて、ありがとうと思わず口にしてしまう。親が子どもの存在そのものを、すばらしいと、ほめているのですよ。

まあ、おかわり?おいしいでしょう。でも、カヨコ、こういうときだけご機嫌ね。おいしいものを食べるときは、顔つきまで違うんだから。ほんとうにもう。嫌いなものでも我慢して食べないと、大きくなれないのよ。おかわりもいいけれど、おなかこわしたって、知らないよ。もう自分の思い通りにいかない子を、おいしいと思うと、責めてばかりという、こういういい方ではどうも。

おいしいものはいどこまでも食べるさ。
いらなくなったら、もう食べたくなどこまでも食べたいのに、なくなってしまったらそれでおしまいだし。
中学生を通して圧倒的

子どもたちの将来に役立ちそう自分の作ったものを、と、こんないい方が、子が食べてるのを見るのは、親の最高のしあわせほめるにつながっていきますね
ほら、うっかりしてるから転んだのよ。
泣いたって知らない自分が悪いのでしょ、自分がと、そんないい方をするより、
あー、転んじゃった。泣くだけ泣いたわねぇ。
泣くのだって、これはときに大事な激しい運動。
自分で起きたね。痛かったよね。だのに、一度こうして転んでみると、をつけて歩くようになる!いい経験をしたの。ハルナは私の子!
このガタガタ道を自然と気こういう場合でも、これで、子どもをほめるという気持で、ことばをかけているわけですね。
子供に対して日ごろ
子供に対して日ごろ

育てる資格の無い親だとすら私は思う。

母さんにかまってほしいだけなのです。おまえは、前へ先へと、自分から確実に育っていく子だわ。それを、だれよりも私が自信をもって認めているのよ!と、声をかけることが、ほめることなのですよ。
弱い者いじめ、やめさせたい
ほんとのことはどうしてもいおうとしない
ヒロヤが、よそで弱い者いじめをしている、と耳にしたお母さんは、信じ難く、胸のつまる思いでした。帰って来るのを待ち構えて、ちょっといらっしゃいと引き寄せて、険しい顔で問いただします。外で夢中に走り廻っていた11年生児は、汗だらけの顔で、親を仰ぎ見ます
ヒロちゃん。あんた、弱い者いじめしてるンじゃないの?

ヨワイモノイジメ?どうしたの?

どうしたのじゃないわよ。ヒロヤが、ヨウスケくんを、いつもいじめてるんだって?
「いじめてなんかないよ。ねえママ、アイス。いいでしょアイスは、あと。ちょっとオ、も、いってること、ちゃんと聞きなさい」
「だから、ねえ。アイス。いいでしょいいでしょ。
中学生を通して圧倒的

子どもの世話になることも現実的にはあろう

とってくるよとってくるよとってくる」
なんだか、ズレた気持が、ズレたまま……。
「だめよゥ、だめ。アイスもなにもあげません。ちゃんと話を聞かないんだから。ヨウスケくんを親は腹立ちで声を高めてヒロヤ、ねえ、ヒロツ。
どうして、あんた、いじめるのよ」

いじめてなんかないったら、なかよしみんなしてるったら。だから、アイスウほんとにいじめてないのね
ほんとにいじめてないよ!
ほんとねほんと!ほんとのほんとね
ほんとのほんとだよ、だから、アイスウじゃあ、これからも、いじめたりしないわねうん
うんじゃだめよ、いじめませんっていわなきゃイジメマセン

絶対に?

子どもに強制したことがありません。